赤坂宿

[ 赤坂宿周辺スポット ]

お茶屋屋敷跡(ボタン園)

お茶屋屋敷跡(ボタン園)
慶長9年(1604)頃、徳川家康が中山道沿いに造営した将軍専用の休泊所跡で、創建当時の城郭様式を偲ぶ土塁や空壕の一部が残っています。 現在は個人の所有となっており、数多くのボタンが植えられ、東海有数のボタン園として一般開放されています。

◆所在地

岐阜県大垣市赤坂町3421-1

◆お問合せ先

大垣市商工観光課

赤坂宿周辺スポット一覧

中山道十七宿

ページの先頭へ移動