赤坂宿

[ 散策ガイド ]

赤坂宿

赤坂宿は、旧杭瀬川の「赤坂港」や谷汲山の巡礼で賑わった宿です。 宿内は昔らしい街並みが見られ、将軍専用の休泊所であった「お茶屋屋敷跡(現在はボタン園として有名)」や「赤坂港跡」「旧清水家住宅」など整備された遺構も多く、往時を偲ぶことができます。
◆赤坂宿から垂井宿へ
この区間は比較的当時の雰囲気を漂わせる区間です。 「昼飯大塚古墳(県内最大の前方後円墳、国史跡)」「円興寺(紅葉の名所)」「美濃国分寺跡」などの史跡があります。 また、中山道からははずれますが、垂井町の追分から名古屋方面へと向かう「美濃路」には、五十本ほどの松並木が現存しており、当時の面影が偲ばれます。

赤坂宿周辺スポット一覧

ページの先頭へ移動